【おすすめラノベ】「ようこそ実力至上主義の教室へ」 頭脳戦好きなら絶対に読んでおくべき



こんにちは、ヒマガイです。

皆さんは普段小説を読みますか?

僕はたまに読みます。ほとんどがラノベですが。

アニメもいいですが、文章で物語に没頭するのもいいですよね。

今回は僕が好きなライトノベル「ようこそ実力至上主義の教室へ」を紹介したいと思います。

2017年7月にアニメ化したので知っている人も多いと思いますが、知らない人にも魅力が伝わるように基本的な情報から紹介していきます。

では早速見ていきましょう。

物語の概要

あらすじ
希望する進学、就職先にほぼ100%応えるという全国屈指の名門校・高度育成高等学校
最新設備の使用はもちろん、毎月10万円の金銭に値するポイントが支給され、髪型や私物の持ち込みも自由。まさに楽園のような学校
だがその正体は
優秀な者だけが好待遇を受けられる実力至上主義学校だった。
ある理由から入試で手を抜いた結果、主人公・綾小路清隆は不良品が集まる場所と揶揄される最底辺のDクラスに配属されてしまう。
同じクラスで成績は優秀だが性格に超難ありの美少女・堀北鈴音、気遣いと優しさでできた天使のような少女・櫛田桔梗らと出会うことで状況が変わっていく。
大人気クリエイターコンビが贈る、新たな学園黙示録!?
引用:ようこそ実力至上主義の教室へ公式HP

というような内容です。

実力主義と言っていますが、ここで言う「実力」とは勉強ができることだけではありません。

もちろん学力も実力の1つとして認められますが、それだけではありません。

スポーツができるのも1つの実力ですし、人の信頼を得たり、人を騙したりするのもこの学校では実力として認められています。

総合的な「実力」で判断しているわけです。

この特別な学校では、その実力を測るための試験が多く用意されています。

1学年Aクラス、Bクラス、Cクラス、Dクラスの4クラスあり、成績が良い順にAクラスから配属されます。

主人公の綾小路清隆(あやのこうじきよたか)は相当頭のキレる人物ですが、最底辺のDクラスに配属されました。

しかし「実力」によってDクラスからCクラスへ上がることも可能で、最終的にAクラスに上がることもできます。

不良品と揶揄されるクラスメイトたちと共にAクラスを目指していくのか、というストーリーです。

キーワード1

高度育成高等学校
希望先就職率99.9%、最新設備も整っている。学校から毎月支給されるお金、髪型や私物の持ち込みなどの自由な校風。
学校案内のパンフレットには夢のような文字が躍る学校。
しかしその実態は全てを実力で測る、完全実力至上主義の学校である。
入学試験の総合点数(筆記面接含む)が高い順に、Aクラスから配属されていく。
最初から能力の高いものは必然的にAクラスに。
低いものはDクラスに配属されるため、入学後からのポイントにも必然開きが生じていく
優秀な人間は優秀な存在として丁重に扱われる。
筆記テストよりも面接、個人的な面が大きく左右されるため、Dクラスには必然問題児(不良品)が集まって来る。
引用:公式HP

主人公たちが通う学校です。

これだけの好待遇を受けられる学校ですが、外部との連絡は一切取れません。

家族にも会えませんし、学外の友人にも会えません。そういう意味では少し寂しいですね。

かなり閉鎖的な環境で、学校での出来事を外に漏らすことも固く禁じられています。

 

スポンサーリンク



キーワード2

Sポイント
高度育成大学付属高等学校最大の特徴にして、学生の現在から将来を大きく左右する制度。
ポイントの増減理由は基本的に公開されておらず、生徒間で見つけ出していくしかない
毎月1度、全学年、クラスのポイントが発表される仕組みになっている。
生徒一人一人がポイント増減の対象だが、全てクラスで総合した結果のみが適応される。
ポイントは毎月学生に与えられる電子マネーの金額にも直結していて、努力した分だけ報われる分、マイナスに陥った場合は一切のマネー支給が受けられなくなってしまう。
卒業するまでの3年間、ポイントは一切リセットされない。
引用:公式HP

このSポイントを使って生徒達は生活していきます。

学校には様々な売店や娯楽施設があり、日用品から娯楽品まで何でも買えます。

そしてこのポイントで買えるものはこういった物だけではありません。

基本的にこの学校で買えないものはないとされています…。

キーワード3

学生証カード名
通常の学生証の役割の他に、Sポイントを電子マネーとして使用するためのカードでもある。
学校の敷地内にあるすべての施設を利用したり、売店などで商品を購入することが出来るようになっている。
敷地内にあるものであれば、何でも購入することができる。
1ポイントにつき1円換算で使用可能。
ポイントを使う必要が無いと思った場合は、誰かに譲渡することもできる
引用:公式HP

高度育成高等学校で使われる特殊な学生証です。

物を買ったりする場合Sポイントという電子マネーを使いますが、これは学生証カードで支払いができるので財布を持ち歩く必要はありません。

お金が盗まれる心配はないということですね。

しかし、誰かに譲渡することができるというのが物語のポイントになってきます。

ポイントを誰かに貰ってたくさん稼ぐことで、とんでもないものを買うこともできるかもしれません…。

魅力的なキャラクター

この物語には多くの魅力的なキャラクターが存在しますが、僕が個人的に好きなキャラクターを3人ピックアップして紹介したいと思います。(ネタバレにならない程度に)

綾小路清隆(あやのこうじきよたか)

引用:公式HP

  • 誕生日:10月20日
  • 身長:176cm
  • 星座:てんびん座
  • 自分の好きなところ:特になし
  • 自分の嫌いなところ:教科書通りに動くこと
  • いつもいる場所:自室

まずは主人公です。

冒頭でも書きましたが、綾小路は頭のキレるキャラクターです。

明るい人間ではなく、静かで、外から見れば何を考えているか分からないような雰囲気。

実力は相当あるのになぜかそれを発揮しません

ことなかれ主義という感じで、「氷菓」というアニメを見たことがある人なら、主人公の折木奉太郎に少し似ていると言うと分かりやすいと思います。

綾小路はDクラスに配属されていますが、クラスメイトの皆がAクラスに行きたいと思っている中、自分はAクラスにはあまり興味がない様子です。

主人公でありながら謎が多い人物

物語を読み進めていく中で少しずつ綾小路の活躍が見れますが、気づいたら綾小路ファンになっています笑。

龍園翔(りゅうえんかける)

引用:公式HP

  • 誕生日:10月20日
  • 身長:173cm
  • 星座:てんびん座
  • 自分の好きなところ:自分の考え方
  • 自分の嫌いなところ:特になし
  • いつもいる場所:カラオケ

龍園はCクラスのリーダー的存在です。

自分の考えが絶対だと思っていて、Cクラスのクラスメイトを暴力や恐怖で支配しています。

物語的には完全に悪役ですね。

でも僕はとても好きなキャラクターです。

アニメでは龍園は完全に悪役として描かれています。実際相当悪い性格ですが、頭がキレるのも確かです。

派手な見た目とは裏腹に、とてもユニークなキャラクターです。高校1年生には見えないですよね笑。

気になるのが、綾小路と共通点がいくつかあることです。

まず誕生日が同じです。

何か意味があるんでしょうか。キャラクターの誕生日なんて作者が勝手に決めることができるので、わざわざ同じにしたことには何かしら意図がありそうですね。

あとはプロフィールの、自分の好きなところと嫌いなところがやや対称的ですよね。

綾小路は自分の好きなところが「特になし」で、龍園は逆に自分の嫌いなところが「特になし」となっています。

こじつけですが、髪型もセンター分けという意味では同じですね。

綾小路と龍園、何か関係がありそうで気になるところです。

軽井沢恵(かるいざわけい)

引用:公式HP

  • 誕生日:3月8日
  • 身長:154cm
  • スリーサイズ:B76(C)/W54/H77
  • 星座:うお座
  • 自分の好きなところ:クラスの中心人物であること
  • 自分の嫌いなところ:身体に残った傷跡
  • いつもいる場所:カフェ、ケヤキモール。特にカラオケ

男が2人続いたので女の子を選びました。

軽井沢は簡単に言えば、クラスに1人はいる発言力のあるギャルです。

同じクラスの女子にとっては敵に回したくないような存在と言えます。

最初はモブキャラ的な立ち位置でしたが、物語が進むにつれて重要な人物になってきます。

自分の嫌いなところが「身体に残った傷跡」というのも気になるポイントですね。

アニメではそれほど活躍しませんが、ラノベの方では結構出番が多いです。

ギャルでありながら読者人気も非常に高い珍しいキャラクターです。

高度な頭脳戦を頭の中で想像して疲れた読者を癒してくれる存在だと思っています笑。

 

スポンサーリンク



目が離せないアツい頭脳戦

「ようこそ実力至上主義の教室へ」略して「ようじつ」では様々な頭脳戦が繰り広げられます。

この物語の一番の魅力と言っても過言ではありません。

定期試験で学力を測るほかに、様々な特別試験が用意されています。

そこではクラスごとに戦います。

学力、権力、体力、経済力…様々な要素を駆使して勝利を目指します。

この特別試験でもSポイントが支給されますが、その額は結果次第で大きく変わります

各クラスがSポイントをめぐって争う様子が緻密に描かれているので、読んでいてどんどんハマっていきます。

僕はアニメを見てハマり、原作小説を読み始めたのですが、そこからガッツリハマりました笑。

新刊が出るのがいつも待ち遠しいです。

頭脳戦が好きな人には強くオススメしたい作品です。

カッコイイキャラクターも、かわいいキャラクターも出てきます。

美男美女が好きな人もぜひ。

まとめ

  • 魅力的なキャラクター
  • アツい頭脳戦
  • かわいい女の子

いかがでしょうか。

上の3つのうち、1つでも気になることがあればぜひ読んでみてください。

アニメもあるので、そちらもぜひ。

ようじつは現在(2018年5月13日)、原作ラノベは7.5巻まで出ています。

今月25日に最新刊の8巻が出る予定なので、読んだらその記事も書こうと思います。

ようこそ実力至上主義の教室へ 第1巻( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]
KADOKAWA メディアファクトリー (2017-10-04)
売り上げランキング: 54,016



今すぐ暇つぶし
まずは無料で暇つぶし

アマゾンプライム会員になってまずは無料で暇つぶしを大いに満喫しましょう。プライム会員になると、アニメ見放題、映画見放題、ドラマ見放題…!アマゾンをよく利用する人なら速達も時間指定便も無料で利用できます。アマゾンユーザーなら会員にならないと損です!まずは無料でお試しプライム




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です