進撃の巨人【ネタバレ】【考察】113話「暴悪」 リヴァイVSジーク再び



こんにちは、ヒマガイです。

久々の記事更新になります。

もし楽しみにしていた方がいたら、だいぶ遅くなってしまってすいません。

111話と112話の考察記事は書いていませんが、もう113話まで出てしまったので113話から書いていきます。

あらすじについては省略し、気になるポイントだけ考察していきます。

  • リヴァイVSジーク戦の生き残り巨人
  • ジークの脊髄液の効果
  • エレンとジークの待ち合わせ
  • ジークの過去
  • ピークらマーレの戦士の現在

以上の項目について考察していきます。

リヴァイVSジーク戦の生き残り巨人

前回の112話ではジークが叫び、リヴァイの部下30人が一斉に巨人化したところで終わりました。

今回の113話ではその続きから始まり、リヴァイは巨人になった部下30人を斬り殺してジークをも圧倒しました。

しかし、リヴァイがジークを連れて森を出ていく際、無垢の巨人がピクッと動いている描写がありました。

この巨人はジークに頭と胴体を引きちぎられ、肉塊としてリヴァイに投げて攻撃するのに利用された巨人です。

うなじを完全に攻撃していなかったのか、ピクッと動いている描写があります。これはつまり、まだ生きているということです。

基本的に漫画では無駄な描写はないので、この巨人が完全に復活したらまた現れるでしょうね。

ジークを運んでいる途中にこの巨人に邪魔されるとか…

リヴァイは今回の戦いで刃もガスも相当消費したはずなので、今の状態だと無垢の巨人1体にも苦戦するかもしれません。

ジークの脊髄液の効果

113話冒頭でピクシスら駐屯兵が体にビリッとくるシーンがありました。

この人たちにはジークの脊髄液を摂取してしまいしたというサインですが、このタイミングでビリッときています。

脊髄液を摂取した瞬間ではなく、ジークが叫んだタイミングで」です。

ラガコ村で威力偵察を行った際のジークの説明が嘘だったということになりますね。

脊髄液を摂取した瞬間は何の反応もないが、ジークが叫ぶとビリッとくる。

さらに言えば、その瞬間、ジークの近くにいれば巨人化してしまう…と。

具体的に何m以内かは分かりませんが、目の届く範囲なら巨人化してしまうかもしれませんね。




さらに今回、ファルコもビリッときてしまっています。

これはファルコが鎧の巨人を継承するフラグかもしれません。

今ジークはリヴァイに捕らえられていますが、もし今回ジークの脊髄液を摂取してしまった人たちの前に現れることがあれば、一声叫ぶだけでみんな巨人になってしまいます。

さらに今ピークがパラディ島に潜入していることから、他のマーレの戦士たちも動いていることが分かります。

ライナーが何かの形でピンチになった際に巨人化したファルコが食うという展開も十分考えられます。

エレンとジークの待ち合わせ

ジークは今回の113話でエレンと待ち合わせしていると言っていました。

しかしエレンたちイェーガー派はエレンを含め、ジークの居場所を知りません

ジークの居場所を知るためにハンジら調査兵団のもとに襲撃したくらいです。

エレンとジークは事前に待ち合わせの予定を立てていたんでしょうか。

 

マーレ襲撃後、マーレから船でパラディ島に向かう途中で話したのか、もしくはエレンがマーレに単独で潜入中に話したのか分かりませんが、あらかじめ待ち合わせの予定を立てていたとしましょう。

ところが調査兵団はジークらを信じることができず、エレンとジークを隔絶。

予期せぬ事態にエレンは焦って、とりあえずジークの居場所を確認しようとした。(エレンはちゃんと待ち合わせを覚えていたから牢屋から脱出した)

ジークも待ち合わせのことをもちろん覚えているから、タイミングを見てリヴァイを出し抜こうとした。

エレンとジークの予定では、このまま2人は合流し、地ならしの実験を行う…。

 

もしこうだとしたら、辻褄は合いますね。

しかし今ジークはリヴァイに捕まっています。このままでは待ち合わせに間に合いません。リヴァイがどこに向かっているか分かりませんが、おそらくピクシスのもとでしょうか。

そうなれば本当にそのままファルコらが巨人化してしまう可能性もありますね。

ジークの過去

今回113話の最後でジークのメガネの男がついに出てきました。

ジークが自分の両親をマーレに売った時に祖父母と一緒に泣いていた謎の男です。

クサヴァーという名前らしいこの男は左腕に色のついた腕章をつけています。つまり名誉マーレ人、マーレの戦士です。

おそらく先代の獣の巨人でしょうね。

ジークはクサヴァーにだいぶ世話になったと考えられますが、いつから交流があって、どういう関係だったのでしょうか。




ジークがグリシャとダイナをマーレに売った時からいたことから、生まれた時から世話になっていて、グリシャやダイナとも交流があったと考えられます。

グリシャと同い年くらいでしょうか。

でももしかしたらグリシャよりも年上かもしれません。このクサヴァーという男について、気になることがあります。

第86話「あの日」にクサヴァーに似た男がいます。

グリシャの右側の男が少し似てます。

さらにこのページも赤枠で囲った人物がクサヴァーに似ていますね。

ちなみにこの時点では、腕章が白いのでまだ獣の巨人を継承していません。

もしこの人物がクサヴァーならグリシャよりも15歳くらい年上でしょうか。

だとすると、ジークよりも35歳くらい上になるかもしれません。

ジークが7つの時にクサヴァーは42歳ですね。

そしてジークが17歳くらいの時に獣を継承して、その時クサヴァーは52歳。

そんな年まで戦士をやっているのはすごいですね。

 

いずれにしても、次の114話ではクサヴァーという男の正体と、ジークの過去が明らかになると思われます。

ピークらマーレの戦士の現在

110話「偽り者」の最後にピークが描写されました。

ピークがいるということはマーレの戦士隊が動いているということです。

ピークの車力の巨人は偵察に適した巨人なので、島に潜入しているのはピークだけかもしれません。

じゃあ他の巨人達(ライナーやポルコ)はどうしているんでしょうか。

おそらく定期的にピークと連絡は取れるようにしているとは思います。

さらに言えば、パラディ島北側に定期的に船が来ている可能性が高いです。

パラディ島の連中が南側を警戒しているのはライナーがよく知っているので、警戒されにくい北側に船をよこしているということです。

個人的にはライナーとエレンの再開が楽しみです。

まとめ

いかがでしょうか。

今月の進撃の巨人も目が離せない展開でしたね。

来月はジークの過去、クサヴァーの正体が明かされると思います。

さらにまだ生きている無垢の巨人の伏線に、ピークら戦士隊の伏線、アニの扱いなど…

まだまだネタはあるので今後が楽しみです。

ではまた。




今すぐ暇つぶし
まずは無料で暇つぶし

アマゾンプライム会員になってまずは無料で暇つぶしを大いに満喫しましょう。プライム会員になると、アニメ見放題、映画見放題、ドラマ見放題…!アマゾンをよく利用する人なら速達も時間指定便も無料で利用できます。アマゾンユーザーなら会員にならないと損です!まずは無料でお試しプライム




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です