子どもの教育のために海外移住して海外の学校に通わせよう



こんにちは、ダイキです。

子どもに最高の教育を受けさせてあげたいと考えている人は多いと思います。

近年のグローバル化も相まって、子どもに英語スキルを習得してもらうために幼い頃から英会話スクールに通わせたり、サッカーや野球、ゴルフなどスポーツをさせるケースもありますね。

いずれにしても、子どもへの教育に力を入れる親が多く、それ自体はとても良いことだと思います。

 

そんな中、子どもを海外の学校へ行かせたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

日本の学校教育では物足りない、海外で通用しないからと海外へ移住しての生活。

今回は、このような教育をテーマとして、竹花さんのYouTube動画の内容を解説していきたいと思います。

子どもの教育のために海外移住すべきか

結論から言うと、海外移住してでも子供を海外の学校で学ばせるべきです。

理由はあとで解説しますが、今は海外移住のハードルもかなり低くなっているのでぜひ思い切った行動をしてみましょう。

 

海外の学校に通わせるとして、国はどこがいいのか、学校はどこがいいのか。

それこそ選択肢は様々にありますが、安く質の高い教育を受けさせたいならバリ島のグリーンスクールがおすすめです。学校の様子などはこちらの記事を参照してください。

もちろん、他にもアメリカやオーストラリア、ヨーロッパ諸国など様々な選択肢があるので、ご自身のフィーリングや経済事情に合わせて無理のない範囲で選択すればいいかと思います。

 

各種手続きや移住の仕方についても、今はそういった色んなサポートをしてくれるエージェントがいるので、教育海外移住のハードルは昔よりもグッと下がっています。

日本のインターナショナルスクールに通わせるという選択肢もありますが、おそらく先ほど紹介したバリ島のグリーンスクールの方が安く済みます。また、海外経験という付加価値もありますので、個人的にはインターナショナルスクールよりも海外へ移住してしまうほうがおすすめです。せっかくの教育なんだからより実のある方がいいですよね。

 

海外移住して現地の学校に通わせるメリットとして、言語スキルの習得や海外経験などが挙げられます。

これらは日本で育っていては身に付かない希少なスキルです。普通の会社員が給料を上げる3つの方法という記事でも書きましたが、将来的にお金をしっかり稼ぐには様々なスキルの組み合わせが必須です。

その1つとして、言語スキルを幼いうちに格安で短期間で身に付けることができるというのは、デカすぎるメリットだと考えています。

また、海外での暮らしによって色んな国の人と交流し、文化を学ぶことはその後の知見を広げてくれます。

子どもへの教育に力を入れるのであれば、絶対に海外移住で学校で教育を受けさせる方がいいです。

移住と言っても永住するわけではなく、数年間したら日本に戻ってくるのが普通です。もちろん、永住という選択肢もあります。

日本の学校に行かせるべきでない理由

上でも少し書きましたが、次に日本の学校に行かせるべきでない理由について解説していきます。

現代の社会は非常に便利な世の中になっていて、様々な分野が進化を遂げています。

働き方だってリモートワークという選択肢がありますし、携帯電話はパカパカするガラケーからタッチ式のスマートフォンに変わり、デザインも性能も大きく向上しました。それによる恩恵は計り知れません。

このように、数十年前と比べると大きな変化がある現代社会ですが、ずっと変わっていないものもあります。

それが学校です。

 

学校へ行き、数十人のクラスメイトと共に学ぶ。

学習する内容も昔と大きく変わりません。

 

そもそも学ぶ理由というのは、将来の準備のためです。

社会に出てサラリーマンとして社会に貢献したり、クリエイターとして新しい価値を創造したり、政治家として社会を良くしたり…。

しかし、日本の学校では社会で必要とされることを学習できません

例えば、お金の話で言えば、仮想通貨って何だろう?とか、投資って何だろう?とか、どうやって経済は回っているのか?とか、そういう議論があってもいいはずです。

しかし、学校の教育では、昔と変わらない内容の教科書に沿って淡々と入試に出てくる用語を覚えたりするだけです。

 

そんな学校にお金を払うくらいなら、海外旅行に行って世界の文化を直接目にした方がよっぽど有意義です。

 

スポンサーリンク



一番の教育現場は家庭

これまで、学校の教育について解説してきました。

竹花さんの主張としては、日本の学校ではなく海外の学校に行かせるべきだ、ということですが、子どもへの教育において一番重要なのは親です。

更に言うと、一番の教育現場は家庭です。

しっかりした子に育てたいならまず親がしっかりしないとダメです。

 

子の学力は親の収入に比例するという統計データがありますが、そこにはもう一つ過程があります。

所得が低い→親の行動レベルが低い→子の学力低下

このように、所得が低いことで親の行動レベルが低いということが問題です。

例えば、休日はお昼に起きてだらだらテレビを見ながら適当に過ごし、夜はお酒をたくさん飲んでそのまま寝る、とか。

 

子どもに良い教育を施したいなら、まずは親が変わる必要があります。

自分の行動から見直すことで、子どもに最高の教育をプレゼントすることができます。

まとめ

日本の学校に通わせても社会で求められるスキルは身に付きません。

数年間海外移住して子どもに最高の教育をプレゼントしましょう。

そのための第一歩として、親が変わることです。

子は親の背中を見て育つので、だらだらするのを止め、思い切った行動をしてみましょう。

そうすれば子どもは様々なスキルを身に付けて、いずれ世界に通用するような優秀な人材になるでしょう。

ではまた。

竹花さんの元動画




今すぐ暇つぶし
まずは無料で暇つぶし

アマゾンプライム会員になってまずは無料で暇つぶしを大いに満喫しましょう。プライム会員になると、アニメ見放題、映画見放題、ドラマ見放題…!アマゾンをよく利用する人なら速達も時間指定便も無料で利用できます。アマゾンユーザーなら会員にならないと損です!まずは無料でお試しプライム




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です