【正しい働き方】部下をマネジメントする上で大事なマインド



こんにちは、ダイキです。

現在管理職だけど、部下の管理がうまくいかなくて悩んでいるという方はいませんか?

管理職になると色々な制約とか、人間関係とか、部下の管理とか、面倒ごとが増えますよね。

そんな管理職の働き方について、竹花貴騎さんのYouTube動画で解説していたので、その内容を記事にまとめたいと思います。

管理職として部下のマネジメント(管理)に悩んでいる方はぜひ最後までご覧ください。

部下をマネジメントするうえで大事なマインド

部下をマネジメントする上で大事なマインドは、「結果にこだわること」です。

日本の会社ではよくプロセスにこだわる人が多いですが、これからは結果主義に変えましょう。

これには様々なメリットがあります。

まず、部下がどこで何をしていて、いつ出社したのか等の出勤管理をしなくて済みます

これによって、管理職のあなたにも日々の時間が確保され、より生産的な時間に回せます。

 

また、結果さえ求めていればいいので、部下に気を遣う必要はないので人間関係も楽になります。

人間関係で消耗するのは本当に時間のムダですし、全く生産的な時間ではないですよね。極力減らしたいことです。

結果主義はプレイヤーにもメリットあり

管理職の皆さんはこれから「結果主義」でいきましょう、と言いましたが、これは部下たちプレイヤーにとってもメリットがあります。

 

先ほど述べたように、上司による出勤管理がなくなればのびのび仕事に取り組めます。

その分集中して仕事ができるので部下の生産性も上がりますよね。

また、時間や場所にとらわれずに、好きな時間に好きな場所で仕事をすることができて精神的にも安定します。

このような理想的なリモートワークを推奨している会社は日本ではまだまだ少ないと思いますが、今後増えていくと思います。

結果主義なら勤務時間が短くても、どこで仕事をしていようが、きちんと結果さえ示してくれれば関係ないのです。

これは管理職にとっても部下であるプレイヤーにとっても大きなメリットです。

 

ただし、結果が出ない部下もいますよね。

そういう場合はプロセスに問題があるので、管理職の方は部下の仕事のプロセスを分析し、改善してあげましょう。あとは部下が勝手に結果を出してくれるまで放置していていいのです。

まとめ

管理職の正しい働き方として、結果主義の考え方をおすすめします。

勤務管理や無駄な気遣いがなくなるし、部下ものびのび仕事ができるのでお互いにメリットがあります。

管理職として悩んでいる方は、ぜひ実践してみてください。

ではまた。

竹花貴騎さんの元動画




今すぐ暇つぶし
まずは無料で暇つぶし

アマゾンプライム会員になってまずは無料で暇つぶしを大いに満喫しましょう。プライム会員になると、アニメ見放題、映画見放題、ドラマ見放題…!アマゾンをよく利用する人なら速達も時間指定便も無料で利用できます。アマゾンユーザーなら会員にならないと損です!まずは無料でお試しプライム




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です