【よう実】2年生編2巻感想ネタバレ 高円寺、始動…?



こんにちは、ダイキです。

2020年6月25日木曜日!

よう実2年生編2巻が発売されました。

新型コロナウイルスの影響で1か月発売延期になり、全てのファンは悲しみに暮れたことでしょう。

僕もその1人です。

 

そんなよう実ですが、満を持して発売されました。

いやほんとに感謝ですね。

 

前置きが長くなりましたが、この記事ではよう実2年生編2巻のネタバレとその感想を書いていきます。

この記事では、盛大なネタバレを多分に含むので、ネタバレしたくない人はページを閉じてください。

 

2年生編1巻のネタバレ感想記事はこちら

【よう実】2年生編1巻(12巻)ネタバレ感想 ホワイトルームの刺客は誰だ

2020年5月29日

 

よう実2年生編2巻ネタバレ

ネタバレの見出し一覧を下記に示します。

  • 綾小路数学満点騒動の火消し
  • 堀北の生徒会入り
  • 天沢一夏の真意
  • 新たな特別試験「無人島サバイバル」
  • 高円寺の戦略
  • アルベルトと石崎とひよりと綾小路と
  • 池と篠原と小宮と
  • 一之瀬と坂柳の密会
  • 1年生の戦い
  • 綾小路を退学させる特別試験の裏側
  • 椿桜子と綾小路
  • 桐山と綾小路
  • 鬼龍院と綾小路
  • 南雲と鬼龍院
  • 龍園と葛城と綾小路と
  • 高円寺の提案
  • ホワイトルーム生の正体

今回はかなり細かく見出しを分けました。

内容が盛りだくさんでしたが、1つ1つ見ていきましょう。

綾小路数学満点騒動の火消し

前回の2年生編1巻では、中間テストで綾小路が数学で満点を取りました。

その問題には高校2年生が解けるはずもない超高難度の問題が含まれており、学力が極めて高い坂柳ですら91点でした。

そんな中、綾小路はホワイトルームで培った学力を存分に発揮し、危なげなく満点を獲得。

それにより、学年中の生徒が綾小路の成績に驚愕し、特にクラスメイトは度肝を抜かれることになりました。

綾小路グループの一員である幸村はクラス内でもトップクラスの学力を誇り、綾小路にはテスト前にいつも勉強を教えていました。

なので、綾小路が取れるはずのない満点を取ったことに驚き、今まで騙されていたのかと思うと怒りの感情も沸いてきていました。

 

不正をしたんじゃないかと悪い噂も出てきましたが、今回の件は堀北の活躍によりとりあえず解決できました。

以下、堀北のその場しのぎの戦略です。

 

堀北の戦略
1年前の入学当初、偶然にも綾小路の学力が極めて高いことを知り、切り札として隠しておくことを決めた。
そして2年生になった今、クラスの団結力は高まり、クラスメイトを守る力もついてきたため、綾小路の実力を発揮させた。
綾小路を完全に不気味な存在にしておくために、綾小路の詳細な実力はクラスメイトにも明かさない。

 

結局幸村はとりあえず納得して、最終的に綾小路と握手して仲直りしました。

 

綾小路の徹底解剖記事はこちら

【よう実】 綾小路清隆の強さや過去を徹底解剖!ホワイトルームも

2020年5月8日

 

堀北の生徒会入り

綾小路との勝負に負けた堀北は素直に生徒会に入ることに。

基本的には来るもの拒まずの南雲だが、このタイミングで生徒会入りを希望する堀北を怪しむ。

兄との確執をなくすためにこの学校に来た。だけど、1年間まともに口をきくことすらできなかった。結局最後の最後で和解し、そのときはじめて兄がいた生徒会に興味を持った。兄が通った道を私も通りたい」という堀北の訴えに南雲はとりあえず納得し、無事生徒会入りを果たします。

 

ちなみに、堀北は生徒会長を目指すことを公言しました。

また、プチ情報として、歴代の生徒会長は皆Aクラスで卒業しているらしいです。

この場には副会長の桐山も同席しており、何か企んでいたらしいが南雲に察知され断念。

桐山と南雲の差は埋められないくらい広がっているらしいですね。




天沢一夏の真意

堀北の生徒会入りを見届けた帰り道に軽井沢から「家に行きたい」と連絡が。

家で雑談とかしてしばらく時間が経ち、そして訪れる異様な空気間の沈黙。

綾小路は軽井沢に視線を合わせ、何を言わずとも顔を近づける…。

 

ついにキス……と思いきや、チャイムが鳴り、見てみると天沢の姿。

 

前回の1巻では、天沢のちょっとした行動の不自然さから綾小路が宝仙らの戦略を見破って、結局綾小路の退学は阻止されましたが、実は天沢はわざと不自然な行動をとっていたようです。

理由は宝仙らの戦略を綾小路に見破らせるため。

ここまで頭がキレるキャラだったとは…。

ホワイトルーム生と言われても納得の実力を備えていそうですね。

学力も高いですし。

新たな特別試験「無人島サバイバル」

夏休みに入ると、去年と同じように無人島での特別試験が開催されます。

しかし今回の試験は前回とは違う点がいくつもあります。

全学年参加で、2週間やり、報酬や退学の条件も違います。

一番の違いは個人でも戦えるという点ですね。

詳細は長くなるので、また別の記事で書こうと思います。

以下に概要を示します。

  • 無人島で最大2週間のサバイバルを行う
  • 求められる能力は多種多様で、総合力が高い方が有利だが結束力も無視できない
  • 上位グループにはクラスポイント、プライベートポイント、プロテクトポイントといった特別な報酬が与えられる
  • 最小1人~最大6人で1つのグループとなり行われるもので、人数が多いほど有利
  • 下位グループはペナルティを受け、退学も起こりうるルールに沿った上、学年内で自由に小グループ(最大3人)が作れる
  • 試験中に大グループをつくるのは用意ではない

高円寺の戦略

1年前の無人島試験では開始早々に仮病でサボった高円寺ですが、今回は1人グループで体調不良で欠席した場合、普通にペナルティを受けます(600万プライベート払えなければ退学措置)。

しかし高円寺は600万プライベートポイントも持っていないので、サボることはできない状況。

誰か適当な人と組んで、自分だけ早々にリタイアすることもできますが、それは他人に自分の退学の命運をゆだねることになるので高円寺としてはその選択肢は選ばないはず。

つまり、高円寺からしてみれば今回の特別試験では真面目にやる可能性が高いということですね。

 

ということは、ついに高円寺の本気が見れるか…!

めちゃくちゃ期待が高まります。

アルベルトと石崎とひよりと綾小路と

特別試験について堀北と軽く話し合いが終わり、帰ろうとする綾小路の前にアルベルトと石崎とひよりが現れる。

特に説明もないままアルベルトの部屋に連れていかれ、石崎は綾小路とグループを一緒に組むように提案します(試験の詳細なルールはまだ理解していない笑)。

石崎と組めば2000万プライベートポイントを渡して石崎たちのクラスに移動してもらうというもの。

 

綾小路にはあまりメリットがないかもしれませんが、すっかり綾小路にホの字な石崎は乗り気。

結局その場では何も決めずにお開きになりましたが、綾小路は誰とも組む気はないらしいです。

 

ホワイトルーム生との戦いが予想される今回の試験では、なりふり構わず強引な攻撃もあるはず。

万が一のとき、退学のペナルティを受けるのは自分だけでいいと思っているから。

 

それにしても石崎とアルベルトは相当綾小路が好きらしいですね(ひよりも)。

池と篠原と小宮と

昨年の無人島試験ではボーイスカウトの経験を活かして大活躍だった池は、お世辞にも良い結果を残せそうとは思えない篠原をグループに誘いました。

しかしいつもの2人という感じで、素直になれないまま関係はこじれ、最終的に2人はプチゲンカ。

 

その後、石崎の親友であるBクラスの小宮が篠原をグループに誘いました。

実は小宮は篠原に想いを寄せていて、この試験中に告白するとのこと。

池は篠原に近づく男の気配に気づくと、気が気でない様子で落ち着かない。

無人島試験では活躍が期待される池ですが、このままの様子だと危ないということで綾小路と堀北と平田は何か対策を講じることに。

 

ところが既に小宮と篠原はグループを組んでおり、池の心情は危ない方向へ…。

一之瀬と坂柳の密会

坂柳は一之瀬をカフェに呼び出し、AクラスとCクラスの協力関係を提案しました。

以前、堀北と一之瀬が結んでいた協力関係と似たようなものですね。

 

坂柳の狙いは、B〜Dクラスが打倒Aクラスとして協力しないようにすること。

そのために、真っ先に話を持ちかけそうな一之瀬と協力しておく、という狙い。

一之瀬率いるCクラスは他のどのクラスよりも一番成長率が低く、クラスもCに落ちて危険な状況。

もしもDにまで落ちたら今後のクラスのモチベーションに著しく影響を与えてしまうため、一之瀬は悩んだ挙句、最終的にAクラスに上がることを目的として臨時的に坂柳と手を組みました。

1年生の戦い

1年生は他学年と違い、4人の小グループをつくることができるようです。

2年3年生にはない大きなハンデですね。

1年生は無人島試験の経験がない分大きなハンデを負うことになるため、全クラスで協力し、2年と3年を相手に選りすぐりのガチメンバーで1位を狙う方針を決めました。

最初は宝仙のみが断固拒否していて話が進まなかったが、6人グループの内、残りの2人の枠をDクラスにすることで協力することに決まりました。

 

しかし宝仙は、宝仙と七瀬と天沢で組み、3人で1位を狙うことを考えています。

1年生同士の協力関係は最初から考えておらず、自分だけ上位を狙っていくようです。

宝仙は1巻で綾小路にやられて以来、綾小路とヤりたくてしょうがない様子。




綾小路と退学させる特別試験の裏側

一部の1年生に知らされていた特別試験、「綾小路清隆を退学させた者に2000万プライベートポイントを支給する」というもの。

1年Bクラスのリーダー的存在の八神からの情報提供により、いくつか明らかになった事実があります。

 

  • 特別試験を持ち掛けたのは生徒会長の南雲
  • 知らされた1年生はAクラスの高橋修、石上京、Bクラスの八神拓也、Cクラスの宇都宮陸、Dクラスの宝仙和臣、七瀬翼
  • 南雲が1年生に裏の特別試験を課した際、その場には立会人として月城も同席していた

南雲曰く、2年生の中からランダムで選んだ結果が綾小路らしいが、おそらく嘘で、綾小路をハメるために計画したものです。

 

そんな貴重な情報を惜しげもなく提供する八神。

最後に、同席していた櫛田に対して、「次の特別試験が終わったら2人で会う時間が欲しい、話がある」と告げました。

八神は櫛田を異性として好いている様子。

そんな優秀な後輩君ですが、八神は櫛田と同じ中学出身ということもあり、櫛田の過去を知っているようです。

そして櫛田はそんな八神を消す計画を立てているとか…。

椿桜子と綾小路

八神と櫛田と綾小路がカフェで話している際、1年Cクラスの椿桜子はその様子をずっと見ていました。

3人の話が終わり、綾小路が1人になったタイミングで話しかけ、ついでに宇都宮も現れる。

 

同じCクラスの優秀な人材を宝仙に退学させられたということから、宇都宮は宝仙を潰したいと考えているようです。

そのために綾小路に協力してほしいと提案。

綾小路には特にメリットがないので引き受けませんでしたが、この時の会話から、宇都宮は頭脳タイプではなく、どちらかと言うと椿の方が頭がキレるかもということが分かりました。

ちなみに、1巻で椿と宇都宮が綾小路に、椿とペアになってほしいと提案しましたが、このときは裏の特別試験に参加して綾小路を潰す考えを持っていたようです。

しかしこのとき、仮に椿が綾小路とペアを組めたとしても椿に綾小路を退学に追いやる術はなかったはずですが、何か策があったらしいです。

椿も椿で独自に戦略を考えていたんですね。

桐山と綾小路

桐山はある日の放課後、綾小路を呼び出しました。

桐山は堀北と綾小路を案じて、次の特別試験で南雲の邪魔をするなと忠告しますが、その実、Aクラスに上がることは諦めていて、ただ自分の保身のために忠告していただけでした。

 

南雲は今後、クラス単位ではなく、個人単位での実力者を認めていく方針です。

桐山は自分の実力にそれなりに自信があり、南雲の方針に乗れば、自分はAクラスとして卒業できると考えたらしいですね。

無能と変人揃いのBクラスと心中するのはゴメンだと。

鬼龍院と綾小路

桐山と綾小路が話しているところに桐山と同じ3年Bクラスの鬼龍院がやってきました。

鬼龍院はOAAを見る限り、学力と身体能力はA+で社会貢献性もC+と低くないが、唯一機転思考力が足を引っ張っている生徒。

 

3年では、学力と身体能力ともにA+の評価をもらっている生徒はいないのでかなり優秀な生徒ですが、自分勝手な行動が多く、自分のためにしか実力を発揮しないところがあるようです。

まさに女版高円寺と言えるキャラクター。

 

このあたりについては、こちらの記事で2巻発売前の予想として鬼龍院について書いてあるので、興味がある人はご覧ください。

【よう実】2年生編2巻 謎の3年生鬼龍院は何者か

2020年6月11日

 

高円寺と似たような話し方をしていることからも、本当に女版高円寺って感じです笑。

直感的に綾小路がただ者ではないと悟り、興味本位で話しかけた様子。

 

次の特別試験では、プライベートポイント欲しさで上位を狙うらしく、綾小路の活躍次第で鬼龍院の綾小路に対する興味が変わるらしい…。

ちなみに、鬼龍院はこれまで学にも南雲にも関心を示さなかったようです。

そんな鬼龍院だが、綾小路には少し興味を持ったということで、南雲は綾小路に対して警戒心を強めるかもしれません。

南雲と鬼龍院

綾小路との会話が終わったあと、南雲が桐山と共に鬼龍院のもとへ。

南雲が鬼龍院のもとへ来た理由は2つ。

  • 綾小路と接触してみての感想を聞くこと
  • 次の特別試験においての協力要請

綾小路に関しては「面白い」とだけ

次の特別試験に関しては協力する気はないらしいです。

南雲に対して、上位50%を取れれば十分だと発言していましたが、真意かどうかは不明です。

龍園と葛城と綾小路と

龍園は葛城と綾小路と話をするためにカフェに呼び出しました。

龍園がこの2人を呼び出した理由は、3人で協力するため。

 

龍園は葛城のAクラスでの立場を煽り、大胆にもBクラスへ勧誘します。

今はAクラスにいる葛城ですが、龍園は今後、坂柳を本気で潰すと豪語。

 

しかしクラスを移動するには当然2000万ポイントが必要です。

龍園はAクラスと結んでいる契約(Aクラスの生徒全員が毎月2万プライベートポイントを龍園に支払うというもの)を500万で坂柳に売る約束をしていました。

それでも当然2000万ポイントには足りないので、数か月間Bクラスの生徒からポイントを徴収していた様子。

葛城は考えた結果、龍園のクラスに移動する決意をしました。

 

普通にすごいことが起きてますよね。

今まで2000万ポイントを使ってクラスを移動した生徒は1人もいません。(学校の歴史上)

しかも今回はAクラスではなくBクラスへの移動です。

龍園と葛城は学校中から注目を集めそうですね。

高円寺の提案

1学期の終業式も終わり、これから試験のために学校を出る準備をする直前、茶柱先生から試験について簡単な確認がされ、最後に生徒たちにお願い事をしました。

出来れば誰一人欠けることなく、もう一度この教室に戻ってきてくれ

 

1年前とは大きく変わって、生徒に激励の言葉をかけるようになりましたね。

そんなありがたい言葉をもらい、学校から港へ出発するため生徒たちが教室を出ていく中、高円寺が堀北の席の前へ立つ。

 

もし私が無人島サバイバルにおいて好成績を残したなら、卒業までの間私の完全なフリーダムを約束してもらいたい

 

意外すぎる提案でしたが、堀北は認めませんでした。

真面目に試験に向き合ってくれるのは歓迎すべきことですが、今回の試験でそこそこ活躍したくらいでその後の自由を認めるのは割に合わないからです。

 

交渉決裂かと思いきや、堀北は条件を付けくわえるなら受け入れても構わないと言います。

 

あなたが単独で1位を取れたなら、それは卒業までの前借りとして、こちらが納得するに足る理由になるかも知れないわね

 

高円寺は1人での参加となるため、1位を取るというのは他のグループと比べればかなり難しいというか、まさに雲をつかむような話です。

それでも高円寺は自信満々にOKしました。

交渉が成立したと思いきや、堀北は追加で注文。

 

もし1位を取れなかった場合は、その次に行われる特別試験でもクラスに協力し、成果を出すと約束してもらうわ

 

これも高円寺は承諾。

交渉成立。

この場合、高円寺が1位になったとしてもDクラスには300クラスポイントという大きな利があるし、1位になれなかったとしても、次の特別試験で実力を発揮してもらえるので、どっちに転んでもDクラスにとっては良い交渉です。

 

まさに千載一遇のチャンスとなる今回の交渉。

やっと、待ちに待った高円寺の本気を見れる時が来たようですね。

それは必然的に、高円寺VS南雲VS綾小路VS龍園&葛城VS坂柳&一之瀬VS宝仙&天沢&七瀬VSその他という構図を意味します。

 

なんか、主要キャラクターの天下一武道会みたいになってきましたね。

しかも1年生のホワイトルーム生もいるし、月城の策もあるだろうし、あまりに注目すべきキャラクターが多いので、無人島編は前編と後編という形で分かれるかもしれませんね。

 

高円寺について徹底解剖した記事はこちらです。

【よう実】変人代表、高円寺六助という男について徹底解剖!

2020年6月13日

 

ホワイトルーム生の正体

さて、ここで重大情報の解禁です。

 

1巻からずっと謎だったホワイトルーム生は誰なのか問題、ついに解決してしまいました…。

 

七瀬翼

1巻から綾小路に対して憎悪の感情を露にしていた彼女。

明らかな作者のミスリードと思い、Cクラスの椿がホワイトルーム生だと思っていました笑。

 

これこそがまさにミスリードでしたね。

まんまとやられました。

悔しい。

ということで、ホワイトルームからの刺客は七瀬翼で確定です。




よう実2年生編2巻の感想

ネタバレを細かく書いていたらかなり長くなってしまいました。

 

なので感想は短めにしたいと思います。

僕的には言いたいことは3つだけです。

  • 軽井沢かわいい
  • 高円寺の本気に期待
  • 七瀬だったか

この3つに尽きます。

 

この記事ではあまり書かなかったと思いますが、今回は軽井沢のデレが遺憾なく発揮されていました。

かわいいすぎますよ。

キスを天沢に邪魔されたのは残念でしたが…。

 

そして高円寺です。

ハイスペック変態紳士こと高円寺は、僕が特に好きなキャラクターの1人です。

そんな高円寺はこれまで面白い会話で楽しませてくれましたが、本気を見せてくれたことはありませんでした。

そんな高円寺が…ついに本気を出すことに…。

感謝カンゲキ雨嵐です。

3巻が待ちきれない…!

 

最後に七瀬です。

今回は特別試験の前振り的な回だったので、最期の締めは弱くなるかなと思っていましたが、ド級の締めで終わりました。

ホワイトルーム生の正体は椿だと予想していたので、かなり驚きです。

やられました。

僕の頭が弱いだけで、あなたは分かっていたかもしれません。

当たっていた人、おめでとうございます。

次の試験では七瀬もガチで綾小路を潰しにくるそうなので、バチバチすぎる戦いが期待できますね。

そして七瀬がホワイトルーム生であることを綾小路も知るでしょう。

 

楽しみすぎる…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は特別試験はありませんでしたが、とても楽しめたと思います。

そして次の特別試験はとても大きなものなので、前編と後編で分かれそうな気がしてなりません。

その場合、特別試験の最終的な結果を知ることができるのは8か月後でしょうか…。

しかし、あとがきで「年内にあと2冊出せたらいいですね」と書いてあったので、それに期待して待つことにしましょう!




今すぐ暇つぶし
まずは無料で暇つぶし

アマゾンプライム会員になってまずは無料で暇つぶしを大いに満喫しましょう。プライム会員になると、アニメ見放題、映画見放題、ドラマ見放題…!アマゾンをよく利用する人なら速達も時間指定便も無料で利用できます。アマゾンユーザーなら会員にならないと損です!まずは無料でお試しプライム




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です